読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナガサワ(北見・理容・床屋) +大人のメンズカット(ヘア雑誌・スマホ写真のコピペカット)

【コピペ理容師】 ヘア雑誌・スマホ写真を見せて頂き、髪を切ります。(メンズカット) 詳しくは【HP】へ 札幌からのUターン 親子2代「普通の理容室」です。

「準備はズルではない」 二兎を追うのか、待ち構えるのか

 

 

観察
「二兎を追う物一兎をも得ず」と言う諺も有るけれど、
一つ一つ真面目に取り組む事が大切

]という事伝える諺だと思う。



考察
「一石二鳥」とか

「漁夫の利」と言う諺もにあります。

二兎を追うものもと言うよりも、

きちんとした準備を張り巡らせて、
二兎を待ち構える者に成れれば、

高確率で得られる事も有るやも・・・

でも一つ一つ着実に積み重ねる事は大切ですし、

やはりそう言う場数を積み重ねて、
場を見切れている人にしか、

そういう準備は難しいのかもしれない。

やはり仕事でも遊びでも、

「準備をズルい」と言う人も中に入るけれど、
「準備は誰もがやっても良い」事なので、

等しくする機会が有ると思う。



推察
それをズルいと言う前に、
怠惰に怠っていただけかも知れないけれど、

準備能力の無さを

謙虚にまず反省し、

ズルいと言った

他人の準備をしっかり勉強してこそ、
進歩と言うものが有るのかもしれない。




洞察
そういう心の余裕でも仕事の余裕でも、
あった方が、磨いておいた方が良い様な気もする。

一石二鳥でも、漁夫の利でも、一網打尽でも
場を見切れるからこそできる芸当なので、

そういうレベルにまで仕事の流れや配分を
熟知に努めたいものです。

また、仕事が出来ると勘違いしやすくなるので、
自分で勘違いしない謙虚さを忘れないようにしなければ…

一緒に仕事をしている人に傍若無人と言われ易いので、

準備の仕方は本来
人それぞれの工夫

(本来教える性質のものではない)

ではあるけれど、・・・・


教えて欲しい人には教えてこそ、
そう言われない様な気がします。